• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【IHJアーティスト・フォーラム 日米友好基金40周年記念】
ダンス・パフォーマンス/映像上映 HAFU WAY THERE | HAFU WAY HERE


    • ※本プログラムは終了いたしました。

ジュリアン・バーネットが踊る、豊穣なる日米の狭間

  • 2015年12月17日(木)7:00 pm
  • 会場: 岩崎小彌太記念ホール
  • 出演:ジュリアン・バーネット(振付家/日米芸術家交換プログラム・フェロー)
    ジョスリン・トビアス(振付家/パフォーマー)
    玉塚 充(ディレクター/パフォーマー)、山川 英毅(音楽家)
    橋本 玲美(撮影監督)、増渕 剛志(マスクデザイン)
  • 用語: 英語(逐次通訳つき)
  • 共催: 日米友好基金
  • 会費: 無料 (要予約)

Julianaf

日米芸術家交換プログラムで来日中の振付家・ダンサーのジュリアン・バーネットが、ニューヨークと東京のアーティストたちと共演。自らの“ハーフ”としてのアイデンティティを、ニューヨークのポスト・モダンダンスと、日本の舞踏におけるシュールレアリズムの狭間に夢想し、ヴォイスや映像、音楽を交えて、言葉を意味から解き放ち、存在の手段としての身体を提示します。

 

ジュリアン・バーネット プロフィール:2009年より、ニューヨーク、北米、ヨーロッパ、アジアで作品を発表。処女作『FLOAT』はラ・ママ劇場(NY)で初演され、のちにHubbard Street Dance Chicagoで上演され、各国で上演された。Danspace Project(NY)委嘱の『SOUND MEMORY』は『Time Out』誌が選ぶ2009年のベストダンスに選ばれ、ソロ作品『THE CLEAN STATE』はロンドンのサドラーウェルズ・グローバル・ダンス・コンテストのファイナリストに選出された。レジデンシーにK3 Zentrum für Choreographie(ハンブルグ)、ジョイス・シアター(ニューヨーク)、また奨学金にdanceWEB scholarship for Impulstanz (ウィーン)。また委嘱作品も多く、これまでにジュリアード音楽院、ジェイコブズ・ピロー・ダンス・フェスティバル、ダンス・ニュー・アムステルダム、PS 122、ムーブメントリサーチ、AUNTS/American Realness Festival、ベイツ・ダンス・フェスティバル、カンプナーゲル(ハンブルグ)、Uferstudios(ベルリン)、Dansehallerne(コペンハーゲン)、La Briqueterie-CDC du Val de Marne(パリ)、Dance Ireland(ダブリン)、Dansateliers(ロッテルダム)、i-dance Festival(香港)などのために作品を製作している。

バーネット ウェブサイト:http://julianbarnett.com/

JUSFC_logo_40ann