• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【アイハウス・レクチャー】
記憶と忘却~日本―フィリピンの関係から


  • 講師: アンベス・R・オカンポ(アテネオ・デ・マニラ大学准教授)
  • モデレーター: 藤原 帰一(東京大学教授)
  • 日時: 2017年10月17日(火) 7:00~8:30pm (開場: 6:30 pm)
  • 会場: 国際文化会館 講堂
  • 用語: 英語(通訳なし)
  • 会費: 1,000円(学生:500円、国際文化会館会員:無料) (要予約:定員100名)
  • お申し込み”残席わずか”

歴史認識問題がしばしば国家間の関係に影を落とす中、フィリピンと日本は戦争の記憶を経て、今日安定した友好関係を築いています。毎年「日比友好の日」には、戦後の国交正常化が祝われます。この記念日は重要ですが、一方で、はるか16世紀にまでさかのぼる両国の長い歴史を覆い隠しています。史実を巡りさまざまな主張が繰り広げられる中で、人々は何を記憶し、何を忘れようとするのか。それについて考えるとき「歴史の利用と濫用」が見えてくる、とオカンポ氏は言います。講演では、フィリピンの歴史認識において日本や日本人がどう捉えられ、それが今日の友好関係にどう関係しているのかを検証します。
アンベス・R・オカンポ(アテネオ・デ・マニラ大学准教授)
写真:アンベス・オカンポ
フィリピンを代表するパブリック・ヒストリアン。主に19世紀末のフィリピンを対象に、芸術、文化、建国にかかわった人物などを研究している。国家文化芸術委員会(2005~07年)や国家歴史委員会(2002~11年)の会長を歴任。これまで20冊以上の著書を出版し、2016年福岡アジア文化賞学術研究賞ほか多数受賞。国内で広く購読されている日刊紙「フィリピン・デイリー・インクワイアラー」のコラムニストとしても知名度が高く、フェイスブックのファンページも持つ。国際文化会館が国際交流基金との共催で実施する「アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム」(ALFP)の2014年度フェロー。
(ALFPウェブサイト:http://alfpnetwork.net/
藤原 帰一(東京大学教授)
写真:藤原帰一
東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門は東南アジア政治、国際政治。フィリピン大学アジアセンター客員教授、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際研究院客員教授、ブリストル大学政治学部客員教授、ウッドロー・ウィルソン国際学術センター研究員などを経て、現職。主な著書に『戦争を記憶する』(講談社、2001年)、『平和のリアリズム』(第26回石橋湛山賞<2005年度>受賞、岩波書店、2004年)、『国際政治』(放送大学教育振興会、2007年)、『アメリカの影のもとで―日本とフィリピン』(共編著、法政大学出版局、2011年)など。