• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【アイハウス・プレス】 Shrinking-Population Economics: Lessons from Japan


Shrinking-Population Economics: Lessons from Japan By Matsutani Akihiko (Professor, National Graduate Institute for Policy Studies)
松谷明彦 著(Brian Miller訳)

2006年/214ページ/ペーパーバック
ISBN 4-903452-03-4
原著:『「人口減少経済」の新しい公式』(日本経済新聞社/2004年)
定価 1,543円/割引価格* 1,080円(税込)
*割引価格は国際文化会館会員の方に適用されます。
ご注文はこちら

「人口減少社会」のあり方を研究する著者は、今後、仮に出生率が向上することがあったとしても、人口減少、とくに労働人口の大幅な減少は避けられないと指摘する。しかし、この傾向は、「経済規模の割には貧しい国民生活」という日本が抱えてきた根本問題を解決する好機であると言う。人口増加のエネルギーを失った日本が向かう先は? 個人の生活から企業経営、政策まで、縮む世界の発想と行動様式を示す。