• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【アイハウス・プレス】 Learning for Life―The Kumon Way


Learning for Life―The Kumon Way
By Kinoshita Reiko (Journalist)

木下玲子 著

First English edition/2008年/250ページ/ハードカバー
ISBN 978-4-903452-13-5
原著:『寺子屋グローバリゼーション』(岩波書店、2006年刊)
定価 3,086円/割引価格* 2,160円(税込)
*割引価格は国際文化会館会員の方に適用されます。
ご注文はこちら

グローバル化と技術革命を背景に誰もが仕事でも生活でも新たなスキルを学び続けざるを得ない「新学習社会」が生まれる中、教育は世界中で圧力にさらされている。本書で、ジャーナリストの木下玲子は日本の公文式学習法がこうした環境の変化を受けて静かに世界中に広がっている姿をレポートする。

今や世界45カ国の400万人以上の生徒に学ばれている公文式の秘密は何か。公文式は教師の公文公が息子用に作成した算数教材から発展したが、木下によれば公文式のルーツは江戸時代に庶民の子供が読み・書き・そろばんを身につけた寺子屋の自学自習にある。公文の生徒は自分に合ったペースで新たなスキルを学習するが、自信と自立性も身につける。

しかし、公文式が世界中に広がった真の秘密は、学習に国境はなく、人はさらに上を目指すことで成長し続けるという公文公の信念にあるのかもしれない。

寺子屋の精神を継承する日本の市民社会から生まれた公文式学習法という教育サービスが、混迷する世界各地の教育現場で、どのように受け入れられ、また、どのような社会的影響や変化をもたらしたかを、徹底的な取材をもとに興味深く描いている。

本書への推薦文

鋭い視点を持つ日本屈指のジャーナリスト、木下玲子が公文式成功の秘密を探り17カ国を取材、教育界の魅力あふれるパイオニアの人物像と学習を楽しく実りあるものにしたその功績を描き出している。——ハーバード大学教授: Soft Power の著者Joseph S. Nye, Jr.