• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【新渡戸国際塾】 インターン募集 (締め切り 6月30日)


企画部では、8~11月の週末に実施する「新渡戸国際塾」の運営の一部をお手伝いいただける大学生・大学院生のインターンを募集しています。

新渡戸国際塾

新渡戸国際塾は、日本ならびに日本人の国際的な存在感が希薄になっている現状に鑑み、国際文化会館が2008年に、次世代を担うリーダー育成のために開校した私塾です。本塾は、「国際性」と「リーダーシップ」という大きなテーマのもと、毎年様々な分野から15名の社会人(20代後半から40歳まで)が塾生として、講師陣の豊かで先駆的な生き方や専門性から、多様な考え方と視点を学び、日本や国際社会の将来について議論を重ねています。

インターンの業務内容

① 「新渡戸国際塾」の一般公開している講演会(13:30-15:00)の受付業務
② 講演会のテープおこし(公開講演後1週間以内にドラフトを提出)
③ 講演会および非公開の講師と塾生の討論会(15:20-17:30)の簡単なサマリーの作成
④ ネット媒体(FacebookやTwitterなど)での広報支援
⑤ その他「新渡戸国際塾」の活動に資する業務

日時及び講演内容

1. 8月10日(土) 「仕事とは何か」
近藤 正晃ジェームス(Twitter社日本代表・東アジア代表)
2. 9月7日(土) 「新渡戸国際塾修了生企画プログラム」
新渡戸国際塾修了生が集まり、その時に合ったテーマを選び熟議します。
3. 9月21日(土) 「ALFPフェローとの対話」
ALFP(アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム;アジア諸国のリーダーとの対話とネットワークづくりを目的とした招へい事業)で来日中のフェローたちとの対話
4. 10月5日(土) 「平和のつくり方」
瀬谷 ルミ子(認定NPO法人日本紛争予防センター理事/事務局長)
5. 10月27日(日) 「日本経済への恩返し」
齋藤ウィリアム浩幸(株式会社インテカー代表取締役社長)
6. 11月2日(土) 「あなたのリーダーシップとは?」
石倉 洋子(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)
7. 11月16日(土) 「超<集客力>革命:美術館が街を変える」
蓑 豊(兵庫県立美術館館長)
8. 11月30日(土) 「これからの世界を動かすリーダーへ」
行天 豊雄(公益財団法人国際通貨研究所理事長)

※お手伝いいただく時間は上記日程の13:00-17:30(①、③業務)に加え、別途相談の上定める時間(②~⑤業務)です。
※過去の講演内容につきましては新渡戸国際塾ホームページ並びに以下の本をご参照ください。
http://www.i-house.or.jp/programs/activities/nitobejuku/

  • 「リーダーシップと国際性」(国際文化会館 新渡戸国際塾 講義録1)
  • 「グローバル化とリーダーシップ」(国際文化会館 新渡戸国際塾講義録2)
  • 場所

    国際文化会館 (東京都港区六本木5-11-16) [地図]
    (六本木駅から徒歩10分、麻布十番駅から徒歩8分)

    条件

    原則として、上記全日程についてお手伝いいただける方
    討論会(15:20-17:30)が英語で行われる場合もあるので、英語での議論がある程度理解できる方
    無給
    交通費は実費を全額支給
    インターンシップ保険またはボランティア保険加入(保険料は国際文化会館が負担)

    メリット

    塾生15名は選抜試験を通過した、国際的リーダーを志向する20代後半から40歳までの企業、非営利団体、官公庁、研究機関などあらゆる分野の実務従事者です。こういった方々と接することで、これからの社会人生活に役立つ情報・知見を得ることができます。
    講演後の講師と塾生の熟議は一般公開されていませんが、インターン生はこれを間近で見ることができます。

    申し込み方法

    インターンにご関心がある方は、履歴書(日本語)を添付の上、インターン可能な日を記載したメールを、国際文化会館企画部 program*i-house.or.jp(*を@に置き換えてください)宛てに送信してください。ご応募いただいた方の中から、数名程度面接にお越しいただきます。応募締切は6月30日(日)ですが、順次面接を行い、インターンが決定次第応募を締め切らせていただくことがございます。

    お問い合わせ

    公益財団法人国際文化会館 企画部 (担当:井上)
    〒106-0032 東京都港区六本木5-11-16
    TEL: 03-3470-3211 (土日祝日・年末年始を除く 午前9時~午後5時)
    FAX: 03-3470-3170
    E-mail: program*i-house.or.jp (*を@に置き換えてください)

  • http://www.i-house.or.jp/programs/activities/nitobejuku/