• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター・レクチャー・シリーズ】
草双紙にみられる化物―江戸庶民にとって不気味さとは―


  • 講師: アダム・カバット(武蔵大学 教授)
  • 日時: 2014年4月21日(月) 6:00~7:30 pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 用語: 日本語 (通訳なし)
  • 共催: 国際文化会館、アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUC)、日本財団
  • 会費: 無料 (要予約)

江戸庶民たちがこぞって読んだ草双紙とは、いわば「江戸のコミックス」。江戸という都市の持つ文化を反映し、風刺・パロディーに満ちた物語に登場するのは、豆腐小僧、見越入道、ろくろ首、河童、猫又、一つ目小僧など、面白可笑しい化物たちです。
粋をモットーとする江戸っ子の間で、化物たちの「野暮な姿」は爆発的な人気を呼び、数多くの草双紙が刊行されました。
生まれも育ちもニューヨークながら、日本文学研究のため来日して三十年余。化物をこよなく愛するカバット氏が、お江戸の人気キャラクターの魅力と変遷を解き明かします。
【『江戸の化け物―草双紙の人気者たち』(岩波書店 2014年)紹介文より】

略歴: アダム・カバット

Photo:アダム・カバット米国ニューヨーク州生まれ。1979~80年アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターで日本語を学ぶ。1981年ウエスレアン大学を卒業後、当時の文部省外国人留学生に選ばれ再来日。東京大学大学院総合文化研究科にて修士号取得。同研究科博士課程を経て、1997年より武蔵大学教授。専攻は近世・近代日本文学(幻想文学)。江戸の化物研究で有名。

*このレクチャーシリーズは日本財団の助成によるフェロー・プログラムの一環として実施されます。