• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【日本プレミア上映会&トーク】Paper Lanterns


  • ※本講演は終了いたしました。
    • 日時: 2016年4月12日(火) 7:00~9:00 pm
    • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
    • 共催: モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド財団、ボストン・ジャパン・ソサエティ、国際文化会館
    • 助成: 米国大使館
    • 用語: 英語・日本語(日本語字幕、逐次通訳あり)
    • 会費: 無料 (要予約、先着200名)

    プログラム・レポート

    4月12日にアイハウスで行われた「PAPER LANTERNS」の日本プレミア上映会。広島の原爆犠牲者の中に12人の米兵捕虜がいたという事実に迫るこのドキュメンタリー映画には、急きょ追加上映会を行うほど、たくさんの皆さまにご参加いただきました。

    当日は、原爆の犠牲となった12名の米兵捕虜の足跡を、40年以上にわたって丹念にたどってきた広島在住の歴史家・森重昭氏が出席くださり、原爆で亡くした部下の足取りを森氏とともに調査した元米兵のトーマス・カートライト氏の存在に触れながら、平和への願いを語られました。またプロデューサーのピーター・グリーリ氏、バリー・フレシェット監督、作曲を担当したチャッド・キャノン氏や、主題歌を手掛けた藤澤麻衣氏が舞台挨拶に立ち、作品に込めた思いを熱く語ってくださいました。

    PAPER LANTERNSウェブサイト(英語):
    www.paperlanternfilm.com

    写真:森重昭(Mori Shigeaki)写真:森重昭(Mori Shigeaki)写真:森重昭(Mori Shigeaki)写真:森重昭(Mori Shigeaki)