• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【IUCレクチャー・シリーズ】
グローバル政治都市ワシントンの中のアジア―その戦略的攻防2018


  • 講師: ケント・カルダー (ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院副学長、ライシャワー東アジア研究所所長)
  • 日時: 2018年12月13日(木) 6:00~7:30 pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 共催: 国際文化会館、アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUC)、日本財団
  • 用語: 日本語 (通訳なし)
  • 会費: 無料 (要予約)お申し込みボタン

“グローバル政治都市”ワシントンDCには、世界各国からさまざまな非政府組織やシンクタンク、国際機関が集結しています。そのワシントンで近年著しく存在感を高めているのが、アジアの国々です。こうしたアジアの役割の変化は、新興国がいかにしてグローバルガバナンス構造に適合していくか、という問題をも提起しています。アジア諸国が、ワシントンにおける注目度と影響力をどのように増幅させ、さらにそれがアメリカの中枢機能の政策決定にどう影響しているのか、また各国の外交戦略とその意義について、カルダー教授が最新動向を考察します。

略歴: ケント・カルダー

ハーバード大学大学院でエドウィン・ライシャワー教授のもと日本政治・経済を研究中の1974~75年にアメリカ・カナダ大学連合日本研究センターで日本語を学ぶ。1979年博士号取得後、ハーバード大学講師兼日米プログラムの初代事務局長を務め、81年よりプリンストン大学で教べんを執る傍ら、戦略国際問題研究所(CSIS)日本部長、駐日米国大使特別補佐官などを歴任。2003年ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院に着任、2018年7月より同副学長。昨年米国で出版した『Circles of Compensation: Economic Growth and the Globalization of Japan』(スタンフォード大学出版、2017年)をはじめ、『ワシントンの中のアジア』(中央公論新社、2014年)など東アジアの政治経済、日本政治、日米関係の著作多数。2014年に旭日中綬章受章。


*このレクチャーシリーズは日本財団の助成によるフェロー・プログラムの一環として実施されます。