• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【日文研・アイハウス連携フォーラム】光源氏と〈二人の父〉という宿命
―ブッダの伝記が照らし出す『源氏物語』の視界―


    • 講師: 荒木 浩 (日文研教授)
    • コメンテーター: ゲイ・ローリー(早稲田大学教授)
    • 日時: 2018年1月30日(火) 6:30~8:00pm (開場: 6:00 pm)
    • 会場: 国際文化会館 講堂
    • 共催: 国際日本文化研究センター
    • 用語: 日本語(通訳なし)
    • 会費: 無料
    • 定員: 100名 (要予約お申し込み
    • 女三の宮と薫という、光源氏の妻子の造型には、ブッダの妻と子の出生をめぐる因縁譚がかかわっていると読むのが中世以来広まっていました。14世紀には、光源氏と藤壺との密通によって生まれた男宮(冷泉)についても、ブッダと妻子の逸話が関係しているという応用解釈も提出されました。いずれの場合も、密通と〈二人の父〉は作品の最重要人物たちに共通するテーマとなっています。この物語の解釈にブッダの伝記が持ち出される意味とは何なのでしょう?
      世界文学としての評価も高い『源氏物語』には、今後、広く国際的な視点からのユニークな読解や作品構造の再発見が期待されます。その呼び水の一つとして、本講演では荒木教授にインドや東南アジアからの視野も重ねながら、常識的な『源氏物語』像をくつがえす読みの可能性を共有いただきます。
      荒木 浩 (日文研教授)
      写真:荒木浩
      京都大学にて博士号取得(文学)。大阪大学大学院教授を経て、2010年より現職。総合研究大学院大学教授を兼任。国文学研究資料館併任助教授、コロンビア大学客員研究員、ネルー大学、チューリヒ大学、ベトナム国家大学、チュラーロンコーン大学、ソフィア大学で客員教授を歴任。専門分野は日本古典文学。主著に『徒然草への途』(勉誠出版、2016年)、『かくして「源氏物語」が誕生する』(笠間書院、2014年)、『説話集の構想と意匠』(勉誠出版、2012)、編著に、『夢と表象』(勉誠出版、2017年)、『夢見る日本文化のパラダイム』(法藏館、2015年)、『中世の随筆』(竹林舎、2014年)などがある。
      ゲイ・ローリー(早稲田大学教授)
      写真:ゲイ・ローリー
      オーストラリア生まれ。1984年オーストラリア国立大学アジア研究学部卒業、1987年日本女子大学日本文学研究科博士課程前期課程終了後、英国ケンブリッジ大学東洋学部で勉強、1995年同大学博士号取得後、2001年に早稲田大学法学部助教授を経て現在法学学術院教授・早稲田大学図書館副館長。専門は日本文学、特に『源氏物語』受容史および女性史。主な著書に『Yosano Akiko and The Tale of Genji』(2000年)、『Autobiography of a Geisha』(増田小夜著、『芸者 苦闘の半生涯』(平凡社、1957年初出)の英訳、2003年)、『The Female as Subject: Reading and Writing in Early Modern Japan』(共編著、2010年)『An Imperial Concubine’s Tale: Scandal, Shipwreck, and Salvation in Seventeenth-Century Japan』(2013年)などがある。