• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

特別プログラム

時局的なテーマやグローバルな課題および、日本と諸外国の相互理解に関わるさまざまな公開プログラムを開催します。文化・政治・経済など幅広い分野からのテーマについて国内外から講師を招き、一般の方々を対象として行うプログラムです。

 

【特別プログラム】
Living in North America as a Nuclear Weapon Survivor
被爆者として北米に生きて

  • スピーカー: サーロー 節子
  • 日時: 2018年12月4日(火) 7:00~8:30 pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 用語: 英語/日本語(同時通訳付き)
  • 協力: 広島女学院大学、カナダ大使館
  • 参加費: 1,000円(国際文化会館会員・学生:500円)
  • 定員: 200名 (抽選により決定。2名様までお申込みいただけます。)お申し込みボタン
  • お申し込み方法: お申し込みフォームあるいはお電話にてお申込みください。(11月8日(木)締切) *当選した方にのみ、11月16日(金)までにご連絡いたします。
2017年のノーベル平和賞受賞式で、世界に向けて核兵器廃絶を訴えたサーロー節子氏は、13歳の時に広島で被爆し、戦後間もない1954年にアメリカへ留学しました。対日感情の厳しい時代に被爆者としてアメリカで暮らしたご経験や、ソーシャルワーカーとしての思い、核兵器廃絶運動などの社会的な活動に取り組むに至った経緯などのお話を通して、これからの平和を担う私たちが何をすべきか考えます。
サーロー節子 写真:サーロー節子 1932年生まれ。広島女学院高等女学校2年生の時に爆心地より1.8km離れた学徒動員先で被爆。広島女学院大学英文学部英文学科卒業。1954年に米国に留学。以後、カナダに留学、その後永住。1965年より社会福祉の専門家としてトロントの教育、医療の分野に従事。原爆にまつわる自身の経験を英語で伝える証言活動を長年続ける。ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)が2007年に発足した時から行動を共にし、ICANの「顔」として、国際会議や国連での核兵器禁止条約交渉会議で被爆者として体験を語ってきた。2017年7月7日の国連本部での核兵器禁止条約採択に貢献。同年12月にICANがノーベル平和賞を受賞した際、受賞演説を行った。
道傳 愛子(NHK国際放送局チーフ・プロデューサー)写真:道傳 愛子 東南アジアや日米関係、日本の外交政策に精通し、これまで報道番組を中心に「NHKニュースおはよう日本」、「NHKニュース9」、「NHK海外ネットワーク」、「Asian Voices」のキャスターを務める。バンコク特派員としてタイ、ミャンマー、カンボジア、ASEAN情勢など東南アジアの政治・経済とともに教育、貧困、HIV、難民など人間の安全保障に関わる問題を広域に取材。現在、NHKワールドで「Eye on Asia」 キャスターおよび解説も担当。コロンビア大学大学院修士号取得。

 

【Architalk~建築を通して世界をみる】
小さな風景と建築

  • スピーカー: 乾 久美子(建築家)
  • モデレーター: 藤村 龍至 (建築家)、小林 正美 (明治大学副学長)
  • 日時: 2018年11月19日(月) 7:00pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 用語: 日本語(通訳なし)
  • 協賛:

    画像:森ビルロゴ  画像:清水建設ロゴ  
  • 参加費: 1,000円 (国際文化会館会員・学生: 500円)(要予約: 定員180名)
    ※懇親会のワンドリンク含むお申し込みボタン
「人が自由に空間を使いこなしているような状態にあこがれています。人だけでなくモノも自由に配置されているような、ある種の生態系のような状況を作れないか、それに対して建築がどのようなサポートをすることができるのかを考えたいと思っています」。東北の震災を機に「小さな風景」のリサーチを経て考える建築のあり方について、乾氏にお話しいただきます。

乾 久美子(建築家)

乾久美子
1969年大阪府生まれ。1992年東京藝術大学美術学部建築科卒業、1996年イエール大学大学院建築学部修了。帰国後青木淳建築計画事務所勤務を経て、2000年乾久美子建築設計事務所を設立。2000~2001年東京藝術大学美術学部建築科常勤助手、2011~2016年同准教授。2016年より横浜国立大学大学院Y-GSA教授。主な作品に「フラワーショップH」、「共愛学園前橋国際大学4号館Kyoai Commons」、「七ヶ浜中学校」、「釜石市立唐丹小学校・釜石市立唐丹中学校・釜石市児童館」など。

藤村 龍至 (東京藝大准教授・RFA主宰)

写真:藤村 龍至
photo:
Kenshu Shintsubo
1976年東京生まれ。東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所主宰。東洋大学専任講師を経て、2016年より東京藝術大学准教授。建築設計やその教育、批評に加え、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティマネジメントや、日本列島の将来像の提言など、広く社会に開かれたプロジェクトも展開している。主な建築作品に「鶴ヶ島太陽光発電所環境教育施設」、「家の家」、「BUILDING K」。主著に『批判的工学主義の建築』(エヌティティ出版、2014年)、『アーキテクト2.0』(彰国社、2011年)など。

小林 正美 (明治大学教授・副学長)

写真:小林 正美
1954年東京生まれ。東京大学大学院修士課程修了後、丹下健三・都市建築設計研究所勤務。ハーバード大学大学院修士課程および東京大学大学院博士課程修了。明治大学理工学部専任講師、助教授を経て現職。ハーバード大学客員教授(2002年)、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員(2007年)なども歴任。NPO法人「まちづくりデザインサポート」理事長。主著に『市民が関わるパブリックスペースデザイン』(エクスナレッジ、2015年)など。国際文化会館理事。

写真:国際文化会館
国際文化会館は、日本近代建築の巨匠3名(坂倉準三、前川國男、吉村順三)によって設計された建物を有しており、様々な近代建築が取り壊される傾向にある現在、1955年の竣工当初の建物を保持しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

特別プログラム アーカイブス一覧

【特別プログラム】
Living in North America as a Nuclear Weapon Survivor
被爆者として北米に生きて
【特別プログラム】朝河貫一博士没後70年記念シンポジウム
【特別プログラム】
誰とも違うふたつの声~バリー・ユアグロー×川上未映子
【シンポジウム】 グローバル時代の民主主義を考える
【戦後70周年記念連続シンポジウム~共に考えるこれからの世界と日本】
第4回 「世界、そしてアジア、 日本の未来を展望する」

Architalk アーカイブス一覧

【Architalk~建築を通して世界をみる】
小さな風景と建築
【Architalk~建築を通して世界をみる】
Freeing Architecture
【Architalk~建築を通して世界をみる 】
Archaeology of the Future
【Architalk~建築を通して世界をみる 】 「環境と建築」
【Architalk~建築を通して世界をみる 】
「都市-記号の海に浮かぶ<しま>」

お問い合わせ

国際文化会館 企画部
〒106-0032 東京都港区六本木5-11-16
TEL: 03-3470-3211 (土日祝日・年末年始を除く 午前9時~午後5時)
FAX: 03-3470-3170