インド太平洋リーダーシリーズ

国際文化会館は、ウェビナーシリーズ「インド太平洋リーダーシリーズ 2023」を配信いたします。

新型コロナウイルス発生から3年近くがたつ現在もその再拡大による経済、食や環境、政治的分断などへの影響は続いています。日ロや日中の地政学的な対立の先鋭化のみならず、経済的な停滞や格差の解決法がみつからないために苦しむ人が増えています。

本年度のウェビナーシリーズにおいても様々な分断を乗り越え、協力的な社会を作り直すためにその知見をあますところなく発揮し、また積極的な活動を行っているインド太平洋地域のリーダーをスピーカーに迎え、新型コロナ対応、環境および子供の人権をテーマに3回のウェビナーを配信いたします。

各回の詳細は、国際文化会館のメールマガジンでもご案内いたします。(メールマガジンのご登録はこちら→メールマガジン登録フォーム

主催:国際文化会館
助成:一般財団法人MRAハウス

PICK UP

【インド太平洋リーダーシリーズ 2023】
新型コロナ対応 マレーシアの経験

  • スピーカー: コー・スウィー・ケン(医師、アンサナ・ヘルス社CEO)
  • モデレーター: 相良祥之(国際文化会館/API主任研究員)
  • 配信開始日: 2023年1月12日
  • 用語: 英語(日本語字幕付き)
  • 主催:国際文化会館
  • 助成: 一般財団法人MRAハウス

新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生してから3年。この間、東アジア諸国は欧米に比べると人口比死亡者数を低く抑え込んできました。そうした中で、マレーシアは新型コロナに、どう対峙してきたのか。今回は東南アジアの初期診療システム確立のために設立されたAngsana HealthのCEOを務めるマレーシアの医師であるコー・スウィー・ケン博士をお招きしてお話をうかがいました。聞き手は、『コロナ民間臨調報告書』の共著者として日本のコロナ対応の検証に取り組んだ、相良祥之・国際文化会館/API主任研究員が務めました。マレーシアにおける政府と市民社会の対応、得られた教訓、グローバルヘルスにおける課題などについてお話しいただきました。

配信映像

コー・スウィー・ケン(医師、アンサナ・ヘルス社CEO)

コー・スウィー・ケン氏はマレーシアの医師で、医療システムとグローバルヘルスを専門とし、シンガポールを拠点に活動しています。アンサナ・ヘルス社(プライマリーケアシステムの構築)CEO、チャタムハウス、シンガポール国立大学、国連大学などにも籍を置き、マレーシア政府に医療改革に関する助言を行っている。以前は、医学、難民医療、フォーチュン100社の製薬会社で、上級実務者を務める。マレーシア、シンガポール、ドバイ、上海、パリを拠点に、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、中東の医療などについて研究。また、国際的な学術誌、シンクタンク、メディア(外交問題評議会、フォーリン・アフェアーズ、ランセット、プロジェクト・シンジケートなど)において190以上の論文を発表している。

相良祥之(国際文化会館/API主任研究員)
相良祥之

民間企業、国連、外務省を経てシンクタンク勤務。研究分野は外交・安全保障政策、健康安全保障、経済安全保障、国際紛争。国際移住機関(IOM)スーダン、国連事務局 政務局 政策・調停部、外務省アジア大洋州局北東アジア第二課など経て現職。慶應義塾大学法学部卒、東京大学公共政策大学院修了。著作に「危機管理としての日本のコロナ対応」『アステイオン』第94号(2021年5月)、『新型コロナ対応・民間臨時調査会(コロナ民間臨調)調査・検証報告書』(共著、2020年10月)など。

   
*インド太平洋次世代リーダーによるウェビナーシリーズは、今後のインド太平洋地域を創る新しいリーダーやアイデア、取り組みを広く紹介することを目的に2021年1月より実施しているウェビナーシリーズです。

アーカイブス

第二期(2022年1〜3月)

【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
マイノリティに声をもたらす揺るぎないアクティビズムとは
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
~中村哲氏(2003年マグサイサイ賞受賞)特別トリビュート・セッション~
紛争、災害、パンデミック後の復興~メンタルヘルスケアの重要性を考える
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
【自然農法の創始者:福岡正信氏(1988年マグサイサイ賞受賞)への特別トリビュート・セッション】社会ビジネスとしての持続可能な農業~カンボジアの挑戦〜
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
未来は彼らのもの:子どもの主体的でダイナミックな学びを育むには
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
社会運動を醸成するには:オルタナティブ・メディアの役割

第一期(2021年1〜3月)

【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
アジアにおける都市の未来―ウェルビーイングを追求するスマートシティとは
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
アジアにおけるLGBTQと同性婚―誰もが暮らしやすい社会とは
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
アジアにおける#MeToo―性暴力に共に立ち向かうには
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
未来の建築―新しい空間とつながりの創造にむけて
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
アジアの世紀―21世紀のテクノロジーと地政学
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
コロナ禍における教育格差と新しい時代の教育実践
【インド太平洋リーダーによるウェビナーシリーズ】
オードリー・タン氏との対話

お問い合わせ

国際文化会館 プログラム部門
〒106-0032 東京都港区六本木5-11-16
TEL: 03-3470-3211 (土日祝日・年末年始を除く 午前9時~午後5時)
FAX: 03-3470-3170