IHJアーティスト・フォーラムなど

日米芸術家交換フェローによるプレゼンテーションやコンサートといった、アーティスト・フォーラムのほか、日本文化、異文化の相互理解を促進する公演を開催しています。

 

【IHJアーティスト・フォーラム】リーディング&トーク
『亡霊に生かされて』

※本イベントは終了いたしました。
  • 2019年11月1日(金)7:00 pm
  • 会場: 国際文化会館 講堂
  • アーティスト: リー・コネル (小説家、日米芸術家交換プログラムフェロー)
  • 用語: 英語 (逐次通訳つき、原文テキストの表示あり)
  • 共催: 日米友好基金 (JUSFC)
  • 参加費: 無料 (要予約
米ナッシュビルを拠点に活躍する小説家リー・コネルが、現在執筆中の『The Study of Hidden Creatures(知られざる生物の研究)』から抜粋してリーディングを行います。 第二次世界大戦のトラウマが世代を超え、現代を生きる主人公フリーダの想像に怪物や妖怪の姿をとって現れる本作。アメリカ南部に伝わる幽霊、未確認生物(ビッグフットなど)、日本に伝わる妖怪などが登場する一方、1940年にリトアニアでユダヤ人難民に通過ビザを発行した外交官・杉原千畝のレガシーを追うフリーダ(祖父の命が杉原のビザで救われたと信じている)の姿も描かれます。 今回のフォーラムでは現在行っているリサーチについて話すとともに、本作を書くきっかけにもなった自身の短編集『Subcortical』と近日出版予定の新作『The Party Upstairs』についても紹介します。 リー・コネル (Lee Conell): 短編集『Subcortical』でThe Story Prize Spotlight Award、Independent Publisher Book Award、American Fiction Awardを受賞。ペンギン・ブックスより近々新刊発売予定。短編はOxford American、Chicago Tribune、American Short Fiction、Kenyon Review online、Guernica、Memorious、Glimmer Trainなどに掲載。Tennessee Arts Commission、the Sewanee Writer’s Conference(サウス大学作家会議)、ヴァンダービルト大学、the Yiddish Book Centerより文芸フェローシップを授与。シカゴ・トリビューン紙にてNelson Algren Literary Arts contestで大賞を受賞、the Best American Short Storiesとしても掲載される。ヴァンダービルト大学やニューヨーク州立大学ニューパルツ校、サウス大学若手作家会議、ヴァンダービルト精神科病院、ナッシュビル公共図書館で教鞭もとる。 leeconell.com

【IHJアーティスト・フォーラム】アーティスト・トーク
『モノと実験的精神』

本イベントは終了しました。
  • 2019年 9月17日(火)7:00 pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • アーティスト: ブライアン・アンダーソン(工業デザイナー、日米芸術家交換プログラムフェロー)
  • 用語: 英語 (逐次通訳つき)
  • 共催: 日米友好基金 (JUSFC)
  • 参加費: 無料 (要予約
昨今の製作・製造現場からは社会的な危機感や欲求が色濃く感じ取れます。付加製造技術(3Dプリンター)と分散製造により物流がスムーズになり、地方生産の活性化も見込まれる一方で未だに非効率で無駄の多いやり方も受け継がれていたり、リサイクル技術が限られていることなど、問題に日々直面しているのです。 この現状を打破すべく、今様々な取り組みがデザイナー達の間で試みられています。産業廃棄物の素材利用、自然資源と副産物の活用実験、生物学の応用、共有・共創に適した環境づくりなど、人と素材の関係を変えるべく道を模索しているのです。多くの人々が慎重になって踏み出せないと感じる一歩でも、デザイナーやアーティストの立場であれば楽観的かつ実用的、そして実験的に踏み出せます。このトークではアンダーソン氏が実際にデザインの観点からモノを加工した事例を紹介します。 ブライアン・アンダーソン氏はシカゴのイリノイ大学が拠点の教育者・工業デザイナーで主に歴史、自然、そして職人・小規模工場などによるものづくりをテーマに活動しています。 studioba.org  

【IHJアーティスト・フォーラム】アーティスト・トーク&パフォーマンス
『儀式の記憶:伝え創ること』

本イベントは終了しました。
  • 2019年7月25日(木)7:00 pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 出演: アヤ・ロドリゲス=イズミ(アーティスト、日米芸術家交換プログラムフェロー)
  • 用語: 英語 (逐次通訳つき)
  • 共催: 日米友好基金 (JUSFC)
  • 参加費: 無料 (要予約
来日中のアヤ・ロドリゲス=イズミは、多種多様な形でこの世に存在する「儀式」に着目し、アーティストとして分野をまたいだ作品群を制作しています。日常的に目にする物や行動における儀式性に興味を持っており、中でも自身のルーツであるキューバ、プエルトリコ、沖縄に残る伝統の影響を強く意識しています。 インスタレーション、パフォーマンス、彫刻、映像など、プロジェクトごとに適した表現を用いる包括的なアプローチで制作し、観客自身に「変化」を感じさせる場や体験を提供することを目標としています。今回のフォーラムでは、ロドリゲス=イズミ氏の作品を巡るトークに加えて、観客との短いインタラクティブ・パフォーマンスを予定しています。 写真:Darnell Scott、『Get Well』

 
アヤ・ロドリゲス=イズミ: トラウマや儀礼、文化アイデンティティをテーマとするインターディシプリナリー・アーティスト。MoCADAやKnockdown Center、l Museo del Barrio、Rush Arts Galleryなどで、個展やグループ展を行う。A.I.R. GalleryのEmma Bee Bernsteinフェロー(2018-2019)、ミネソタ州Franconia Sculpture ParkのJerome Foundationフェローなどのフェローシップを授与される。日米芸術家交換プログラムフェローとしては、長年温めてきたアイスバーグプロジェクト*に取り組む予定である。沖縄に生まれ、島とニューヨークのイーストハーレムを行き来しながら育った。現在はニューヨークのスタジオを拠点に活動。2009年パーソンズ・スクールオブデザイン卒業、2017年スクール・オブ・ヴィジュアル・アーツ修了。 *1945年に沖縄で行われた米軍による大規模な戦闘のコードネーム
  iamaya.com

 

アーカイブス一覧

【IHJアーティスト・フォーラム】リーディング&トーク
『亡霊に生かされて』
【IHJアーティスト・フォーラム】アーティスト・トーク
『モノと実験的精神』
【IHJアーティスト・フォーラム】アーティスト・トーク&パフォーマンス
『儀式の記憶:伝え創ること』

お問い合わせ

国際文化会館 企画部
〒106-0032 東京都港区六本木5-11-16
TEL: 03-3470-3211 (土日祝日・年末年始を除く 午前9時~午後5時)
FAX: 03-3470-3170