IHJアーティスト・フォーラムなど

日米芸術家交換フェローによるプレゼンテーションやコンサートといった、アーティスト・フォーラムのほか、日本文化、異文化の相互理解を促進する公演を開催しています。

 

【庭園展示】旅はすみか—The Journey Itself Home

日時:2021年7月16日(金)4:00 ~5:30 pm
会場:国際文化会館庭園(雨天時は屋内にて作品をご鑑賞いただきます)
観覧無料(予約者優先入場)

東日本大震災から10年。あの日のことを、言葉と声で想像しなおす。

コロナ禍のさなか、アメリカ人と日本人のアーティストがチームを組み、リモートで被災地の若者たちとアートプロジェクトに取り組みました。安全、強さ、未来への希望とは何かを問いかけ、録音したやりとりを「音の俳句」として、東北の津波石をかたどった3つの「声の記念碑」に刻みました。音という観点から心の復興について考えるプロジェクトです。

この度、7月27日から始まる世田谷美術館での展覧会にさきがけ、国際文化会館庭園で「声の記念碑」の特別展示を行います。 プロジェクトの詳細はウェブサイトからご確認下さい。

観覧方法:
下記フォームからご予約下さい。(時間帯によっては予約なしでもご案内できる場合がございます)
予約が一定数に達してしまっていた場合は、追って担当者から連絡を差し上げます。
当日は国際文化会館、東館B1Fの岩崎小彌太記念ホール前受付までお越しください。(地図) 鑑賞の目安は15-30分程度です。(予約した入場時間より遅れた場合は、他のお客様のご案内を優先させて頂く場合がございます。)

庭園展示予約フォーム

【IHJアーティスト・フォーラム】リーディング&トーク
『亡霊に生かされて』

※本イベントは終了いたしました。
  • 2019年11月1日(金)7:00 pm
  • 会場: 国際文化会館 講堂
  • アーティスト: リー・コネル (小説家、日米芸術家交換プログラムフェロー)
  • 用語: 英語 (逐次通訳つき、原文テキストの表示あり)
  • 共催: 日米友好基金 (JUSFC)
  • 参加費: 無料 (要予約
米ナッシュビルを拠点に活躍する小説家リー・コネルが、現在執筆中の『The Study of Hidden Creatures(知られざる生物の研究)』から抜粋してリーディングを行います。 第二次世界大戦のトラウマが世代を超え、現代を生きる主人公フリーダの想像に怪物や妖怪の姿をとって現れる本作。アメリカ南部に伝わる幽霊、未確認生物(ビッグフットなど)、日本に伝わる妖怪などが登場する一方、1940年にリトアニアでユダヤ人難民に通過ビザを発行した外交官・杉原千畝のレガシーを追うフリーダ(祖父の命が杉原のビザで救われたと信じている)の姿も描かれます。 今回のフォーラムでは現在行っているリサーチについて話すとともに、本作を書くきっかけにもなった自身の短編集『Subcortical』と近日出版予定の新作『The Party Upstairs』についても紹介します。 リー・コネル (Lee Conell): 短編集『Subcortical』でThe Story Prize Spotlight Award、Independent Publisher Book Award、American Fiction Awardを受賞。ペンギン・ブックスより近々新刊発売予定。短編はOxford American、Chicago Tribune、American Short Fiction、Kenyon Review online、Guernica、Memorious、Glimmer Trainなどに掲載。Tennessee Arts Commission、the Sewanee Writer’s Conference(サウス大学作家会議)、ヴァンダービルト大学、the Yiddish Book Centerより文芸フェローシップを授与。シカゴ・トリビューン紙にてNelson Algren Literary Arts contestで大賞を受賞、the Best American Short Storiesとしても掲載される。ヴァンダービルト大学やニューヨーク州立大学ニューパルツ校、サウス大学若手作家会議、ヴァンダービルト精神科病院、ナッシュビル公共図書館で教鞭もとる。 leeconell.com

【IHJアーティスト・フォーラム】アーティスト・トーク
『モノと実験的精神』

本イベントは終了しました。
  • 2019年 9月17日(火)7:00 pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • アーティスト: ブライアン・アンダーソン(工業デザイナー、日米芸術家交換プログラムフェロー)
  • 用語: 英語 (逐次通訳つき)
  • 共催: 日米友好基金 (JUSFC)
  • 参加費: 無料 (要予約
昨今の製作・製造現場からは社会的な危機感や欲求が色濃く感じ取れます。付加製造技術(3Dプリンター)と分散製造により物流がスムーズになり、地方生産の活性化も見込まれる一方で未だに非効率で無駄の多いやり方も受け継がれていたり、リサイクル技術が限られていることなど、問題に日々直面しているのです。 この現状を打破すべく、今様々な取り組みがデザイナー達の間で試みられています。産業廃棄物の素材利用、自然資源と副産物の活用実験、生物学の応用、共有・共創に適した環境づくりなど、人と素材の関係を変えるべく道を模索しているのです。多くの人々が慎重になって踏み出せないと感じる一歩でも、デザイナーやアーティストの立場であれば楽観的かつ実用的、そして実験的に踏み出せます。このトークではアンダーソン氏が実際にデザインの観点からモノを加工した事例を紹介します。 ブライアン・アンダーソン氏はシカゴのイリノイ大学が拠点の教育者・工業デザイナーで主に歴史、自然、そして職人・小規模工場などによるものづくりをテーマに活動しています。 studioba.org  

 

アーカイブス一覧

【庭園展示】旅はすみか—The Journey Itself Home
【IHJアーティスト・フォーラム】リーディング&トーク
『亡霊に生かされて』
【IHJアーティスト・フォーラム】アーティスト・トーク
『モノと実験的精神』

お問い合わせ

国際文化会館 企画部
〒106-0032 東京都港区六本木5-11-16
TEL: 03-3470-3211 (土日祝日・年末年始を除く 午前9時~午後5時)
FAX: 03-3470-3170