【70周年記念シンポジウム】”国際社会において日本が直面する重要な課題––Key Challenges Facing Japan in the International Arena”

国際文化会館は、11月8日(火)に「国際社会において日本が直面する重要な課題」をテーマにした70周年記念シンポジウムを開催します。

会館は2000年代初頭まで、日本の大学の博士課程に在籍する外国人若手研究者を中心とした研究会(「Ph.D研究会」、「中国社会科学フォーラム」、「韓国人留学生日本研究フォーラム」)を支援し、日本研究の促進に寄与してきました。

現在、学問、政策、外交など様々な分野で活躍する研究者の方々をお招きし、国際社会において日本が直面する重要な課題や、平和構築や人々の幸福のために日本が果たすべき役割について議論していただきます。


  • 日 時: 2022年11月8日(火)13:00~18:00 pm
  • 会 場: 岩崎小彌太記念ホール
  • 言 語: 英語(日英同時通訳有)
  • 対 象: 一般公開・要申込(無料)
  • 定 員:100名(先着順)

お申し込み

 

  • 基調講演:Glen S. Fukushima(米国先端政策研究所上級研究員)

  • パネルディスカッション I:「国際的に見た日本– デジタルトランスフォーメーション、エネルギー、人口問題」
  • セッションIでは、開発、サステイナビリティ、人口動態に関連する問題を取り上げ、グローバルな視点から見た日本の状況について考察します。
  • 議長: Stephen Anderson(元駐日米国大使館上席商務官)
    パネリスト;
    – David Arase(ジョンズ・ホプキンス大学、高等国際関係研究大学院ホプキンス-南京センター、国際政治学教授)
    – Phyllis Yoshida (大西洋評議会(アトランティック・カウンシル)、グローバルエナジーセンター、ノンレジデントシニアフェロー)
    – Nam Kijeong (ソウル大学日本研究所教授)

  • パネルディスカッション II:「近隣諸国との関係における新たな局面 – 中国と韓国」
  • セッションIIでは、日本とアジアの近隣諸国との関係に焦点を当て、変化する文脈の中での日中・日韓関係の今後の見通し、東アジア地域における日本の外交について多角的な視点から検討します。
  • 議長: John Quansheng Zhao(アメリカン大学教授、中国社会科学フォーラム(CSSF)共同創設者)
    パネリスト;
    – Li Tianjiang(中央大学 教授、中国社会科学フォーラム(CSSF)共同創設者)
    – Lee Won Deog(国民大学 教授、韓国人留学生日本研究フォーラム共同創設者)
    – Julie Gilson(オンライン登壇)(バーミンガム大学政治化学国際関係学部教授)

  • パネルディスカッション III:「平和構築と幸福のための文化の役割の再定義」
  • セッションIIIでは、グローバルな平和構築と人々の幸福のために文化がどのような役割を果たしうるか、世界における現代日本のあり方について議論します。
詳細については後日アップデートいたします。