【IHJアーティスト・フォーラム/ポエトリー・リーディング&トーク】
異文化の時間測定法:英語詩と日本語詩に流れる時間について

    ※本イベントは終了いたしました。

  • 2019年4月17日(水)7:00 pm
  • 会場: 国際文化会館 講堂
  • スピーカー: デレク・グロマトスキー(詩人/翻訳家、日米芸術家交換プログラムフェロー)
  • 用語: 英語 (逐次通訳つき、作品の原語テキストを配布予定)
  • 共催: 日米友好基金 (JUSFC)
  • 参加費: 無料 (要予約

詩人のデレク・グロマトスキーが岡本小百合と翻訳した、吉増剛造の『裸のメモ』(書肆山田、2011年)や、英訳詩集『Alice, Iris, Red Horse』(New Directions、2016)の注釈作成について紹介します。この経験から、詩という表現媒体の時間的ダイナミズムに惹かれたグロマトスキーは、文化によって異なる時間の概念に興味を抱き、執筆中の詩集『Horology(時計学)』を書き始めました。

今回のフォーラムでは日本の時間文化についてのリサーチや、職人、作家、研究者へのインタビュー、自身の最新プロジェクトに与えた影響について話し、詩集から抜粋も朗読します。