【Architalk~建築を通して世界をみる】
建築デザインの可能性とみらい

本イベントは終了しました。レポートはこちら

 

 

  • スピーカー: 山梨 知彦(建築家/株式会社日建設計 常務執行役員・設計部門プリンシパル)
  • モデレーター: 藤村 龍至 (建築家)、小林 正美 (明治大学副学長)
  • 日時: 2020年1月31日(金) 7:00pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 用語: 日本語(通訳なし)
  • 協賛:

    画像:森ビルロゴ  画像:清水建設ロゴ  

  • 参加費: 1,000円 (国際文化会館会員・学生: 500円)(要予約: 定員180名)
    ※懇親会のワンドリンク含む
  • ※本イベントにご参加の皆様に限り、Architalk宿泊体験プランをご案内しています
人類の歴史を振り返ると、情報に関する変革がモノづくりを変えてきたことが分かる。7万年の「認知革命」により人類は集住を始め、「都市」の基礎をつくった。さらに、5000年前の「数理革命」により都市や建築を大規模化し、200年前の産業革命、100年前の電気通信革命、50年前のコンピューター革命を経て、今、AIとICTがもたらす情報通信革命により、インダストリー4.0の時代が到来した。この新しい時代の「建築デザインの可能性とみらい」を考えてみる。

動画レポート

レポート

1月31日(金)、好評のアーキトーク・シリーズに登壇いただいた日建設計チーフデザインオフィサーの山梨知彦氏。「建築デザインの可能性とみらい」をテーマに、ご自身の設計にどのようにテクノロジーを使用したかを紹介しながら、「インダストリー4.0」時代の建築デザインについてお話しいただいた。

情報通信技術を活用した建築デザイン
インダストリー4.0(第4次産業革命)とは、インターネットやAIなどの技術によりあらゆるものがつながることで、より効率的なものづくりが可能になること。自動化・大量生産のMass Productionから、必要なものを必要なだけ作るMass Customizationへと社会が変化している中で、建築のものづくりも変化していると山梨氏は主張した。

例えば山梨氏が設計に携わった「神保町シアタービル」は、狭い空間に2つの劇場を備えるために、立方体ではなく面が複雑に切り取られた四角錐のような形をしている。これはコンピューターの力を借りることで、法律の制限を満たしつつ、目的が達成されるという、複雑な建築設計が可能となった例である。また機械に職人知を併用することで、これまでにない建築も生まれている。低コストでの大型木造建築を実現した「木材会館」である。木の性質を理解した熟練の棟梁が材木の状態を調整することで、木材を機械で加工できるようになったからだ。このようにコンピューターは複雑な設計条件をクリアするだけでなく、クラフトマンシップと融合させることで、今までの建築理論では達成し得なかった新しい建築デザインを可能にしているという。

インダストリー4.0時代の建築デザインの可能性
さらに山梨氏はコンピューターを活用しつつも、それを感じさせない建築デザインの可能性を提示した。

2019年に日本建築学会賞を受賞した「桐朋学園大学音楽学部調布キャンパス」は、楽器の特性に応じたレッスン室の大きさや残響性、遮音性と開放的な教室配置、住宅街になじむ外観といった複数の条件をクリアするため、3次元の仮想空間上で何回もシミュレーションを行い設計された。こうしてできた建物は、合理性のなかにも、日本の集落っぽさや、風や光の通り道が感じられるという。山梨氏は人・地球・経済・社会のあらゆる環境に配慮した複雑な設計の中に、「新しいナチュラル」を感じられる建築をつくりたいと語り、講演を締めくくった。

山梨 知彦(建築家/株式会社日建設計 常務執行役員・設計部門プリンシパル)

山梨知彦
1984年東京藝術大学建築科卒業。1986年東京大学大学院修了、日建設計に入社。建築設計の実務を通して、環境建築やBIMやデジタルデザインの実践を行っているほか、木材会館などの設計を通じて、「都市建築における木材の復権」を提唱している。代表作に「桐朋学園大学調布キャンパス1号館」(2019年度日本建築学会(作品)賞、2018年RIBA Award for International Excellenceほか)、「NBF大崎ビル」(2014年日本建築学会(作品)賞、同年BCS賞ほか)、「ホキ美術館」(2011年日本建築大賞ほか)、「木材会館」(2009年MIPIM Asia’s Special Jury Awardほか)など。

藤村 龍至 (東京藝大准教授・RFA主宰)

写真:藤村 龍至
photo:
Kenshu Shintsubo
1976年東京生まれ。東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所主宰。東洋大学専任講師を経て、2016年より東京藝術大学准教授。建築設計やその教育、批評に加え、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティマネジメントや、日本列島の将来像の提言など、広く社会に開かれたプロジェクトも展開している。主な建築作品に「鶴ヶ島太陽光発電所環境教育施設」、「家の家」、「BUILDING K」。主著に『批判的工学主義の建築』(エヌティティ出版、2014年)、『アーキテクト2.0』(彰国社、2011年)など。

小林 正美 (明治大学教授・副学長)

写真:小林 正美
1954年東京生まれ。東京大学大学院修士課程修了後、丹下健三・都市建築設計研究所勤務。ハーバード大学大学院修士課程および東京大学大学院博士課程修了。明治大学理工学部専任講師、助教授を経て現職。ハーバード大学客員教授(2002年)、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員(2007年)なども歴任。NPO法人「まちづくりデザインサポート」理事長。主著に『市民が関わるパブリックスペースデザイン』(エクスナレッジ、2015年)など。国際文化会館理事。

 

国際文化会館に泊まってみませんか?
~先着10名様、Architalk宿泊体験プランのご案内

写真:国際文化会館本講演会にご参加の皆様には、会の前日(1月30日)もしくは当日(1月31日)に限り、国際文化会館での宿泊をご体験いただけます。

国際文化会館は、日本近代建築の巨匠3名(坂倉準三、前川國男、吉村順三)が共同で設計した唯一の建物として知られています。本館は日本建築学会賞を受賞、2006年8月には文化庁が指定する「登録有形文化財」に登録されました。この機会に国際文化会館の建物の魅力をいつもと違う視点からお楽しみいただければ幸いです。

ご希望の方は、以下内容とともにお問い合わせフォームからご連絡ください。空室状況を確認のうえ、後日返信を差し上げます。

・ご利用日
・ご希望の部屋タイプ(ご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください)
・ご宿泊人数
・代表者名

※お申込み1件につき1部屋のみ、特別料金(会員料金)でご利用いただけます。部屋タイプと料金はこちらよりご確認ください。

※お申し込み後にご宿泊をキャンセルされる場合は、所定のキャンセル料が発生いたします。こちらより規定を必ずご確認ください。

 

Architalkシリーズの過去の講演はこちらからご覧いただけます。