• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【I-House Lecture】
野球と外交―日米交流 陰の立役者


  • ※本講演は終了いたしました。
  • 講師: ロバート・ホワイティング (ジャーナリスト)
  • 日時: 2018年6月20日(水) 7:00~8:30 pm (開場:6:30 pm)
  • 会場: 国際文化会館 講堂
  • 用語: 英語(通訳なし)
  • 会費: 1,000円 (学生:500円、国際文化会館会員:無料) (要予約:定員100名) 
  私たちにとって今日身近なスポーツである野球は、150年以上続く日米外交史の中で重要な役割を果たしてきました。1934年のベーブ・ルースの来日は当時高まりつつあった日米間の緊張を一時的に和らげ、1949年のサンフランシスコ・シールズの訪日は戦火を交えた両国に再び融和ムードをもたらしました。さらに、1995年にメジャーに移籍した野茂英雄の活躍は日米貿易摩擦問題に好影響を与えるとともに、イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ有、大谷翔平など数々の日本人メジャーリーガーの誕生にもつながりました。
  明治初めに日本に伝わってから1世紀半のあいだ、野球は日本とアメリカの橋渡しをしてきました。今回は、野球というプリズムを通して日米関係について考察します。

ロバート・ホワイティング (ジャーナリスト)

写真:ロバート・ホワイティング1962年に初来日。上智大学で政治学を専攻し、卒業後はブリタニカ・ジャパンに編集者として勤務するなど、日本での生活は通算約40年にのぼる。日米文化比較の視点から日本プロ野球を論じた 『The Chrysanthemum and the Bat』 (邦訳は 『菊とバット』 サイマル出版会、1977年) がTIME誌よりスポーツ・ジャンルの年間最優良書籍に選ばれたほか、日米間に存在する亀裂をベースボールというスポーツを通して描いた 『和をもって日本となす』 (角川書店、1990年) や、日本における組織犯罪や日米関係の闇を分析したベストセラー 『東京アンダーワールド』 (角川書店、2000年)、イチローなど日本人野球選手のアメリカン・ベースボールへの影響を考察した 『イチロー革命』 (早川書房、2004年) など、現代日本のスポーツや文化に関する著書を数多く執筆している。