【日印対話プログラム/APYLPジョイント・セッション】
インド発~テクノロジーと新しい価値の創造「人の移動と空間」

  • スピーカー:リテシュ・アガルワル(OYO Hotels & Homes 創業者/CEO)
  • モデレーター:伊藤 錬(メルカリ執行役員[グローバル戦略])
  • 日時:2019年12月6日(金) 6:30pm~(開場 6:00 pm)
  • 会場:国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 用語:英語/日本語(同時通訳付き)
  • 共催:シャハ二・アソシエイツ株式会社
  • 参加費:無料 (要予約)
  • お申し込み

世界80カ国でホテル・住宅・コワーキング事業を展開し、現在、世界最大級の運営客室数を誇る成長著しいインド発のユニコーン企業OYO。「3タップでホテル予約」という謳い文句を実現させたOYOの出現により、リーズナブルで信頼できるホテルが増えたインドでは、都市部でクリケットの試合のある日や停電で家のエアコンが使えない時など、日常生活の延長線上でホテルに泊まる人が出てきているといいます。このOYOが今年、日本で不動産サービスに進出し、「旅するように暮らす」をコンセプトに新しいビジネスモデルで「住」のパラダイムシフトを起こしています。
住む場所や働く場所を堅牢で確固たるものとし、そこを拠点に移動を繰り返すという従来のライフスタイルに、ITを駆使して現代の多種多様な社会に合った新たな住空間を提示し、「所有からの解放」といった新しい価値を人々が取り入れやすい形で作り出しているアガルワル氏に、インド発のテクノロジーと新しい価値の創造についてお話しいただきます。

<2019年度フェロー>
リテシュ・アガルワル(OYO Hotels & Homes 創業者/CEO)

width=1993年生まれ。大学中退後、アジア初のティールフェロー(PayPal創業者による若手起業家育成プログラム)に選ばれ、ホテル業界で起業。宿泊需給データを人工知能で常時分析するなどのテクノロジーを駆使し、インドを中心に世界各地でホテル事業を展開する。これまでにフォーブス誌の「30アンダー30」に選出されるなど、社会変革を担う若手起業家として注目を集め、ソフトバンク・ビジョン・ファンドなどから数百億円規模の投資を受けている。2018年には日本の不動産業界に進出を果たした。

<モデレーター>
伊藤 錬(メルカリ執行役員[グローバル戦略])

width=東京大学法学部卒業後、外務省に入省し、東京及びワシントンDCで日米関係を担当。2015年9月よりメルカリに参画し、グローバル展開を担当。ニューヨーク大学ロースクール、スタンフォード大院修了。ニューヨーク州弁護士。ニューヨーク大学シニアフェローも務める。

日印対話プログラムとは
日印国交樹立60周年を迎えた2012年に、日本とインドの間の継続的な対話の「場」を創出することを目的に、人物招聘事業(Japan-India Distinguished Visitors Program)を立ち上げました。本プログラムは、社会のさまざまな問題の解決に向けて新しい価値やアイデアを提案している、インド国内で影響力のある人物を、政治・経済・文化・学術・科学など幅広い分野から年間1-2名、1週間程度日本に招聘しています。招聘フェローは、講演会、関連機関への訪問、地方視察などを通して日本の関係者と意見交換やネットワーク構築を行います。