【新渡戸リーダーシップ・プログラム公開講演】
自ら未来をデザインし、実現する―日本が課題解決先進国になるには

  • 講師: 藻谷 浩介 (株式会社日本総合研究所 主席研究員)
  • 日時: 2019年9月7日(土) 2:00~3:15 pm (開場 1:30 pm)
  • 会場: 国際文化会館 講堂
  • 用語: 日本語(通訳なし)
  • 参加費: 無料 (要予約)お申し込み

日本各地、世界各国の現場を訪れ、地形や地域経済、観光、人口動態、郷土史などから多面的に分析している地域エコノミストの藻谷氏。経済成長と現役世代人口の増減の関係に着目したり、既存の西欧型マネー資本主義の経済システムに対して、お金に換算できない自然やコミュニティーを有効利用する「里山資本主義」というサブシステムを提唱するなど、課題解決に常に新たな観点を取り入れています。日本は過疎化で消失の危機に直面している地域も多いといわれている一方で、世界の中の一地域として捉えてみると、地政学的にも文化的にも大きな利があると藻谷氏は説述しています。膨大なフィールドワークから読み解く国内外の地域社会の実情と可能性から、日本発の新しい社会の仕組みや、必要なリーダー像についてお話しいただきます。

藻谷 浩介 (株式会社日本総合研究所 主席研究員)
1964年山口県生まれ。88年日本開発銀行(現・株式会社日本政策投資銀行)入行、94年コロンビア大学経営大学院卒業。2012年より現職。平成の大合併以前の全3,200市町村と、海外105カ国を自費で訪問し、地域特性を多面的に把握。地域振興、人口成熟問題、観光振興などに関し、精力的に研究・著作・講演を行う。著書に『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』(角川書店、2010年)、『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』(角川書店、2013年)など。近著に『世界まちかど地政学 90カ国弾丸旅行記』(毎日新聞出版、2018年)、『完本・しなやかな日本列島のつくりかた: 藻谷浩介対話集』(新潮文庫、2018年)、『世界まちかど地政学 Next』(文藝春秋、2019年)。

新渡戸リーダーシップ・プログラムとは

「新渡戸リーダーシップ・プログラム」は、国際文化会館が2008年度から10年間実施した人材育成プログラム「新渡戸国際塾」の後継事業です。世の中の技術革新やボーダレス化が進む中、ますます多様化・複雑化する社会の課題に取り組もうとしている学生や若手社会人が一歩を踏み出すための「場」と「機会」を提供しています。参加者たちはさまざまな分野の第一線で活躍する講師や仲間との知的格闘を通じて、革新的な視点や方法で「自ら未来をデザインし、実現する」ことを目指します。