【新渡戸リーダーシップ・プログラム公開講演】
自ら未来をデザインし、実現する―目指すは宇宙の掃除屋

  • 講師: 岡田 光信 (アストロスケール創業者/CEO)
  • 日時: 2019年11月30日(土) 1:30~2:50 pm (開場 1:00 pm)
  • 会場: 国際文化会館 講堂
  • 用語: 日本語(通訳なし)
  • 参加費: 無料 (要予約)受付終了

役目を終えた人工衛星や、ロケットなどから落ちた金属片などの宇宙ゴミ(スペースデブリ)は、秒速7~8キロの速さで宇宙空間を漂い続け、運用中の人工衛星や宇宙飛行士たちにとって深刻な脅威となっています。岡田氏はこのスペースデブリによる宇宙環境の悪化が、私たちの日常生活を支える通信・気象・位置情報などの社会インフラに影響を与える世界共通の問題であると考え、2013年にスペースデブリ問題に取り組む初の民間企業、アストロスケールを設立しました。解決困難な宇宙規模の課題にどう立ち向かうか、岡田氏の情熱と起業家精神から学びます。

岡田 光信 (アストロスケール創業者/CEO)
1973年兵庫県生まれ。東京大学農学部卒業。米国パデュー大学クラナートMBA取得。大蔵省(現財務省)、コンサルティング会社、IT企業を経て現職。高校1年生の時に宇宙飛行士の毛利衛氏から「宇宙は君たちの活躍するところ」という手書きのメッセージをもらって以来、宇宙への想いを抱き続けている。現在はシンガポールを拠点に世界中を飛び回り、フォーブスジャパン誌が選ぶ「日本の起業家ランキング2019」第1位など数々の賞を受賞。アストロスケール社の事業モデルはハーバード・ビジネス・スクールの教材に2回選出されている。

新渡戸リーダーシップ・プログラムとは

「新渡戸リーダーシップ・プログラム」は、国際文化会館が2008年度から10年間実施した人材育成プログラム「新渡戸国際塾」の後継事業です。世の中の技術革新やボーダレス化が進む中、ますます多様化・複雑化する社会の課題に取り組もうとしている学生や若手社会人が一歩を踏み出すための「場」と「機会」を提供しています。参加者たちはさまざまな分野の第一線で活躍する講師や仲間との知的格闘を通じて、革新的な視点や方法で「自ら未来をデザインし、実現する」ことを目指します。