• ホーム
  • プログラム活動
  • 図書室
  • 出版
  • イベントカレンダー

【特別プログラム】
誰とも違うふたつの声~バリー・ユアグロー×川上未映子


  • 本公演は終了いたしました。
  • スピーカー: バリー・ユアグロー(作家)、川上未映子(作家)
  • 司会: 柴田元幸(翻訳家)
  • 日時: 2018年4月16日(月) 7:00~8:30 pm
  • 会場: 国際文化会館 樺山・松本ルーム
  • 用語: 日本語・英語(日本語への逐次通訳のみ)
  • 会費: 1,000円(学生:500円、国際文化会館会員:無料) 要予約 

『一人の男が飛行機から飛び降りる』や『ケータイ・ストーリーズ』、『真夜中のギャングたち』などの奇想天外で白昼夢のような超短編を書き続けている、気鋭の作家バリー・ユアグロー氏が、12年ぶりに来日します。同じく短編の名手で、「愛の夢とか」や「彼女と彼女の記憶について」、「ウィステリアと三人の女たち」など、何気ない日常がドラマに変わる瞬間をとらえた短編作品を生み出してきた作家の川上未映子氏と、短編について、人生について、創作についてじっくりと語り合います。司会にはユアグロー氏の著作をこれまで6冊翻訳されてきた、柴田元幸氏をお迎えします。

 

バリー・ユアグロー

「いつもどんな夢を見たかを思い出すことができないが、その代わりにユアグロー氏の物語がある」
                         デヴィッド・バーン(アーティスト)

写真:バリー・ユアグロー
©Charles Raban

シュールで奇妙かつ愉快な超短編で知られる作家・パフォーマー。南アフリカ生まれ。主な著書に『一人の男が飛行機から飛び降りる』(新潮文庫、1999年)や『ケータイ・ストーリーズ』(新潮社、2005年)があり、『セックスの哀しみ』 (白水uブックス、2008年)においては映画版に自らも出演している。最新作は片づけられないことに焦点を当てた自叙伝『Mess』(W.W.Norton & Co, Inc., 2015)。他にも子供のためのアンチ子供本『たちの悪い話』(新潮社, 2007年)も出版。日本語への翻訳版の多くは柴田元幸氏が手掛けている。その他の活動として、パフォーマーとしてMTVやラジオに出演。劇場用にアダプテーションした『憑かれた旅人』で、サンダンス・シアター・ラボに招待され、アメリカのへヴィメタルバンド・アンスラックスのミュージックビデオにも出演している。
 ユアグロー氏の物語は雑誌やアンソロジーにも収録されており、『ニューヨーク・タイムズ』や『ニューヨーカー』ウェブ版、『ウォール・ストリート・ジャーナル』、『スピン』、『パリス・レビュー』、『ニューヨーク・レビュー・デイリー』、『朝日新聞』などに寄稿している。現在はニューヨークとイスタンブール在住で、頻繁に世界を旅してまわっている。

  • バリー・ユアグロー公式ウェブサイト
  • 川上未映子

    作家・詩人。大阪府生まれ。2007年、デビュー小説『わたくし率イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年、第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第20回紫式部文学賞受賞。2013年、詩集『水瓶』で第43回高見順賞受賞。短編集『愛の夢とか』で第49回谷崎潤一郎賞受賞。2016年、『あこがれ』で渡辺淳一文学賞受賞。短編「マリーの愛の証明」にてGranta Best of Young Japanese Novelists 2016に選出。他に『すべて真夜中の恋人たち』や村上春樹との共著『みみずくは黄昏に飛びたつ』など著書多数。著作は複数言語に翻訳されており、海外でも高い評価を得ている。『早稲田文学増刊 女性号』では責任編集を務めた。2018年3月30日には短編集『ウィステリアと三人の女たち』(新潮社)が刊行される。

  • 川上未映子公式ウェブサイト
  • 柴田元幸

    アメリカ文学研究者、翻訳家。東京生まれ。著書に『生半可な学者』 (講談社エッセイ賞 受賞)、『アメリカン・ナルシス』(サントリー学芸賞受賞)、『ケンブリッジ・サーカス』など。ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スティーブン・ミルハウザー、フィリップ・ロスなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳し、日本の文学シーンに多大な影響を与える。訳書トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞を受賞。東京大学名誉教授。文芸誌『MONKEY』編集人。最近の翻訳書にレアード・ハントの『ネバーホーム』、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒けん』がある。

  • MONKEY (@monkey_info1) | Twitter
  •