【IHJアーティスト・フォーラム/ライブコンサート&映像上映】
未来に映す伝統、クリエイティブ・ヴォイス

本イベントは終了しました。レポートはこちら

     

  • 2019年6月7日(金)7:00 pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 出演: ジェン・シュー(ヴォーカリスト/マルチプレイヤー、日米芸術家交換プログラムフェロー)
  • 用語: 英語 (逐次通訳つき)
  • 共催: 日米友好基金 (JUSFC)
  • 参加費: 無料 (要予約

言語・分野の壁を超えてマルチに活動するアーティスト、ジェン・シューは、両親の故郷である東ティモール、台湾をはじめ、インドネシア、韓国、日本でフィールドワークを行い、伝統的な音楽、舞踊、儀礼的慣習などについてリサーチしました。

今回のフォーラムではその記録映像の上映や解説を行うとともに、日本で能楽や琵琶といった伝統芸能を学ぶことが自身の作曲や舞台制作にどのような影響を与えているかを語ります。また制作中のソロ作品『Zero Grasses』を本編から抜粋、最新ソロ作『Nine Doors』の一部と併せて披露します。

レポート

ジェン・シュー(徐秋雁):

多言語ヴォーカリストであり、作曲家、マルチプレイヤー、ダンサー。革新的で多岐に渡る音楽活動を続けており、2019 グッゲンハイムフェロー、2019 USAフェロー、 2016 ドリス・デューク・アーティスト、 日米芸術家交換プログラムフェロー、 フルブライト奨学生に選出されている。「現代即興音楽界において今もっともクリエイティブな歌い手である」(Nation誌)と評され、アンソニー・ブラクストン、ヴィジェイ・アイヤー、ワダダ・レオ・スミス、マーク・ドレッサーといった様々な音楽家と共に仕事をしている。米国NYのパイ・レコーディングスにおいては女性として、そしてヴォーカリストとして初のバンドリーダーとなり、最新アルバム『Song of Silver Geese, Sounds and Cries of the World』はリリースされた2015年に米誌ニューヨーク・タイムス、NPRラジオといった多くのメディアでベスト10入りを果たす。また2017年にはニューヨーク・タイムスのトップ10ベストアルバムに選ばれた。スタンフォード大学博士課程では伝統音楽を専攻、カーネギーホール、リンカーンセンター、メトロポリタン美術館等でも公演している。

Photo: Steven Schreiber