【IHJアーティスト・フォーラム/アーティスト・トーク&パフォーマンス】
儀式の記憶:伝え創ること


本イベントは終了しました。

  • 2019年7月25日(木)7:00 pm
  • 会場: 国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール
  • 出演: アヤ・ロドリゲス=イズミ(アーティスト、日米芸術家交換プログラムフェロー)
  • 用語: 英語 (逐次通訳つき)
  • 共催: 日米友好基金 (JUSFC)
  • 参加費: 無料 (要予約

来日中のアヤ・ロドリゲス=イズミは、多種多様な形でこの世に存在する「儀式」に着目し、アーティストとして分野をまたいだ作品群を制作しています。日常的に目にする物や行動における儀式性に興味を持っており、中でも自身のルーツであるキューバ、プエルトリコ、沖縄に残る伝統の影響を強く意識しています。
インスタレーション、パフォーマンス、彫刻、映像など、プロジェクトごとに適した表現を用いる包括的なアプローチで制作し、観客自身に「変化」を感じさせる場や体験を提供することを目標としています。今回のフォーラムでは、ロドリゲス=イズミ氏の作品を巡るトークに加えて、観客との短いインタラクティブ・パフォーマンスを予定しています。

写真:Darnell Scott、『Get Well』


 

アヤ・ロドリゲス=イズミ:
トラウマや儀礼、文化アイデンティティをテーマとするインターディシプリナリー・アーティスト。MoCADAやKnockdown Center、l Museo del Barrio、Rush Arts Galleryなどで、個展やグループ展を行う。A.I.R. GalleryのEmma Bee Bernsteinフェロー(2018-2019)、ミネソタ州Franconia Sculpture ParkのJerome Foundationフェローなどのフェローシップを授与される。日米芸術家交換プログラムフェローとしては、長年温めてきたアイスバーグプロジェクト*に取り組む予定である。沖縄に生まれ、島とニューヨークのイーストハーレムを行き来しながら育った。現在はニューヨークのスタジオを拠点に活動。2009年パーソンズ・スクールオブデザイン卒業、2017年スクール・オブ・ヴィジュアル・アーツ修了。
*1945年に沖縄で行われた米軍による大規模な戦闘のコードネーム

 

iamaya.com